ソフトめん

学校給食でおなじみの『ソフトめん』。

当社では山形の学校給食会からの委託を受けて、学校給食用のソフトめんの製造を行っています。

<ソフトめんとは>

正式には『ソフトスパゲッティー式麺』という、学校給食でご飯やパンに並ぶ主食として作られた麺類のことです。通称の『ソフトめん(ソフト麺)』で幅広く知られています。
見た目は細めのうどんといったところです。
はじめはソフトめん一種類だけでしたが、現在ではゆで中華麺タイプのものもあります。
原材料は基本的には、小麦粉(強力粉)、塩、水で作ります。この小麦粉は学校給食専用の粉を使いますが、この小麦粉にはビタミンB1、B2が含まれています。
また、地産地消の推奨により、地域によって地元の小麦粉を何割か配合してるところもあります。山形県でも県産の小麦粉を入れています。ソフトめんで2割、ゆで中華めんで3割弱ほどです。
さらに米粉の消費拡大を目的に、米粉を入れた米粉めんも最近では作られています。(山形では米粉が3割ほど)

ソフトめんの作り方についてはこちらから。